About Us

 

 よみかたは「ピティーマン」

 

山下由の脚本、演出作品を上演する団体

 

 繊細な日常描写と、現代的なドライな人間関係を持つ一人ひとりのさみしさを会話劇で描き、

小さな部屋の片隅の”なんでもなさ”から世界を照らしだそうとしている。

 

 2018年から劇団内劇団と称してPityChan(ピティーちゃん)を立ち上げ。舞台上と観客席との演劇的関係を「破壊」し「再定義」する作品も創作している。

 

2011年に山下由が個人企画として旗揚げ

2013年劇団化。

メンバーは山下由、藤田りんご長野功タナカサワキ

 

若手演出家コンクール2013『ハミング・イン・ウォーター』、2014『ぜんぶのあさとよるを』にて二年連続優秀賞受賞 

第8回せんがわ演劇コンクール『ぞうをみにくる』劇作家賞受賞 

門真国際映画祭2019舞台映像部門『ハミング・イン・ウォーター(再演)』優秀作品賞、最優秀編集賞受賞

 

 

山下 由(やました ゆう)

Pityman主宰。脚本・演出を担当。

 

広島県出身

大学卒業後一年間の演出助手経験を経てオーストラリア、ロンドンへの短期演劇留学をする。帰国後、2011年にPitymanを旗揚げ。2作目以降のすべて作品の脚本・演出を担当する。

 

「会話劇においてもっとも重要な要素は身体である」という考え方から、俳優自身の人生の中から立ち上がるものを重要視している。

劇中に登場する女性描写のリアルさから作者が女性だと思われることも多い。