『ぜんぶのあさとよるを』

 

 

 

 

 

 窓から夜が入り込んでくる。

 

夜はゴロンと横たわる。

 

私は隣に寝転んで

「どうしていたの?」と尋ねてみる。

 

私達はケラケラ笑い、

朝が来るまで馬鹿話。

 

さよならしたのも気づかない。

 

 

 

 

 

真那と朋香は高校時代に家出をして二人暮らしをはじめる。

朋香に恋愛感情を抱いていた真那にとっては夢のような日々だったが、しだいに生活は困窮していき朋香は出て行ってしまう。

10年後、全く別の人生を歩む二人。

真那は遠距離恋愛中の彼氏との未来に期待しながらも、セックスフレンドとの不毛な関係を断ち切れないでいた。

朋香はボリビアで新しい恋人と人生を始めなおそうとしていたが、相手のことも自分のことも信じることが出来ず困惑していた。

不器用にもがく2人は、ままならない自分や相手とぶつかりながら、お互いと過ごしていた時間や、最後に再会した日のことを思い出していた。

 

@pit北/区域

2014年11月(水)~24日(月)

 

出演

浅井裕子

佐山花織(演劇プロデュースユニットMoratoriumPants/小劇場アイドルユニット38mmなぐりーず)

小林涼太(ピストンズ)

田坂智史

中山将志((株)エ・ネスト)

宮内 彩

長野 功(Pityman)

藤田りんご(Pityman)

 

スタッフ

脚本・演出 山下 由

音響            安藤達朗

照明            前田さやか

衣裳            藤田りんご

イラスト     鈴木愛美

舞台監督     神田眞樹

演出助手     田中沢木

制作            田口遥佳

当日運営     村越玲奈

 

協力

王子小劇場 演劇プロデュースユニットMoratoriumPants オフィス・オーパ (株)エ・ネスト 小劇場アイドルユニット38mmなぐりーず ピストンズ 祭文庫